未経験からWeb業界に転職するときのオススメ職種とは~Web営業職がオススメ~

Web関係

こんにちは、たろうです。

未経験からWeb業界に転職する時、どんな職種に応募したらいいのか迷いますよね。

この記事では、未経験からWeb業界に転職したい人にオススメの職種を、私の実体験をもとに紹介します。

結論から言うと、未経験者がWeb業界に転職する時は「Web営業職」がオススメです。

スポンサーリンク

未経験からWeb業界に転職するときにオススメなのは「Web営業」

Web業界未経験者がWeb業界に転職するとしたら、最もオススメな職種は「Web営業」です。

Web営業がオススメの理由は「採用のハードルが低い」「Webについて学ぶ場が用意される」「顧客の課題に直接触れる機会がある」の3つです。

未経験者にWeb営業がオススメの理由1|採用のハードルが低い

Web営業職の採用ハードルは、Web業界の他の職種と比較してハードルが低いです。

Web業界の仕事は、ほとんどが経験者でなければ戦力にならない仕事です。

WebエンジニアやWebディレクター、Webデザイナーやコーダー、Webコンサルタント等の専門職の場合、ある程度経験があり自走できる経験者でないと、企業側も採用するメリットがありません。

しかし、Web営業であれば、ある程度若くて、やる気があって、「なんでもやります!任せてください!」感があれば採用される可能性はあります。

(実際、私は「若さ、やる気、元気」で採用された感も否めません笑)

未経験者にWeb営業がオススメの理由2|Webについて学ぶ場が用意される

未経験者にWeb営業職がオススメな理由の2つ目は、「Webについて学ぶ場が用意される」ことです。

Web屋さんの営業職なので、当然あなたが売る商品はWeb関係のものです。

商品がホームページだとしたらホームページを学ぶ場を、Web広告だとしたらWeb広告を学ぶ場が設けられるはずです。

働きながらWebのことを学ぶとしたら、Web営業がピッタリな訳です。

未経験者にWeb営業がオススメの理由3|顧客の課題に直接触れる機会が多い

未経験者にWeb営業がオススメの理由3つ目は、顧客の課題に直接触れる機会が多いことです。

Webに関する商品を学んだあとは、実際に現場に出ます。

現場では顧客にヒアリングをする事になります。

そこで触れることができるのが、顧客の生の声です。

  • 顧客の課題は何なのか
  • どうしたらWebで課題を解決できるのか
  • 解決策の費用対効果は

等など、Web業界で生きていくために必須となる「課題解決力」の基礎を学ぶことができます。

Web営業からWebコンサルタントにランクアップを狙う

Web営業として一通り揉まれたあとは、Webコンサルタントにジョブチェンジすることがオススメです。

Web営業として鍛えた課題解決力を活かすことができれば、Webコンサルタントとしても活躍できるでしょう。

まずはWeb営業になるために努力

未経験からWeb業界に転職する時のオススメのフローを紹介しました。

  • Web営業として応募する
  • Webについて学ぶ
  • 顧客の生の声(課題)に触れる

そしてWeb営業として成長したら、Webコンサルタントにジョブチェンジする。

未経験だけどWeb業界に挑戦したい方は、ぜひWeb営業を募集している会社に応募してみてください!

たろう

Webコンサルタントの雑記Blogger
ブログ好きが高まり過ぎてITベンチャーにジョイン

蔵書2000冊超の24歳|一歳児のパパ

独学で宅地建物取引士試験合格
1週間でウェブ解析士試験合格

父親として長期育休を職場で初めて取得

古民家をDIYで直してます。

Twitterフォロー歓迎↓
YouTubeではDIYを発信しています

たろうをフォローする
Web関係
スポンサーリンク
たろうをフォローする
田舎で晴耕雨読

コメント

タイトルとURLをコピーしました