ウェブマーケティングにおける【チャーン数】【チャーン率】とは

ウェブ解析士

ウェブ解析士試験など、ウェブマーケティングを勉強していると

【チャーン数】

【チャーン率】

という言葉がでてきます。

この記事では、チャーンについて開設します。

スポンサーリンク

チャーンとは

チャーン(churn)とは、「かき回す」「撹拌する」「かき回す容器」等といった意味の英単語です。

しかし、マーケティングにおけるチャーンとは

【解約】【離脱】

を意味します。

サブスクリプション型のサービスなどのKPI(重要業績評価指数)等に使われることが多いです。

チャーン数とは

チャーン数とは、【解約数】【離脱数】です。

どのくらいの人数がサービスを解約したのか

どのくらいの人数がサービスから離脱したのか

その人数がチャーン数です。

チャーン率とは

チャーン率とは【解約率】【離脱率】です。

たとえば、前月に100人が利用していたサービスを

当月5人が解約した場合、チャーン率は5%です。

ウェブ解析士試験ではサブスクリプション分野で出てくる

ウェブ解析士の試験では、サブスクリプションの関係で【チャーン】が出てきます。

離脱、という意味さえ覚えていれば大丈夫です。

ウェブ解析士試験に役立つ略語をまとめてあるので、よければ参考にしてください。

たろう

Webコンサルタントの雑記Blogger
ブログ好きが高まり過ぎてITベンチャーにジョイン

蔵書2000冊超の24歳|一歳児のパパ

独学で宅地建物取引士試験合格
1週間でウェブ解析士試験合格

父親として長期育休を職場で初めて取得

古民家をDIYで直してます。

Twitterフォロー歓迎↓
YouTubeではDIYを発信しています

たろうをフォローする
ウェブ解析士
スポンサーリンク
たろうをフォローする
田舎で晴耕雨読

コメント

タイトルとURLをコピーしました