缶詰屋根とは?|茅葺きをトタンでカバーした屋根

古民家リノベーション

こんにちは

古民家をDIYでリノベーションしています。たろうです。

たろう
たろう

相続した古民家を直しています。

正確な築年数は不明ですが、100年くらいかと…

本日は古民家に眠るタイムカプセル、缶詰屋根をご紹介します。

スポンサーリンク

缶詰屋根とは?

缶詰屋根とは、茅葺き屋根の上に金属の屋根が覆い被さっている屋根のことです。

茅葺きをトタンでカバーした缶詰屋根
缶詰屋根

茅葺きの上にトタンが被せられ、トタンの上に瓦が置かれています。

この間に屋根は、茅葺きに穴が空いていて雨漏りしていました。

缶詰屋根の成り立ち

茅葺き屋根は、近代になってからも農村部では多用されていた屋根です。

しかし、第2次世界大戦の後、農村部では過疎化が進みました。

その結果

大人数が必要な茅の交換、すなわき葺替え(ふきかえ)が困難になったことから茅葺き屋根は徐々に姿を消していきました。

たろう
たろう

茅葺き屋根は維持が困難になったのです。

そこでどうしたのかというと、

茅葺き屋根の上にトタンなどの金属を被せました。

これが「缶詰屋根」です。

缶詰屋根の実際の写真|茅葺きをトタンでカバー

それでは、実際の缶詰屋根の写真を見ていきましょう。

まずは屋根を建物の中から見た写真です。

茅葺き屋根
茅葺き屋根を建物の中から見た写真

見事な茅葺き屋根ですね。

茅葺き屋根の側面
茅葺き屋根の側面

この茅葺き屋根の外側がどうなっているかというと、トタン屋根に覆われています。

缶詰屋根のトタン屋根部分
缶詰屋根のトタン屋根部分

茅葺き屋根は完全にトタン屋根に覆われています。

建物の中から茅葺き屋根の側面を見ることもできました。

缶詰屋根の内部
缶詰屋根の内部

茅葺き屋根が角材で囲われ、その上にトタン屋根が被せられています。

缶詰屋根は古民家のタイムカプセル

缶詰屋根にされたことによって、古い時代の茅葺き屋根が現代まで残っています。

そのため、缶詰屋根は古民家のタイムカプセルとも呼ばれているのです。

古民家再生に実際に使っている道具はこちら|田舎で晴耕雨読

古民家の全体の様子はこちらの記事から

古民家の床下の様子はこちらの記事から

たろう

Webコンサルタントの雑記Blogger
ブログ好きが高まり過ぎてITベンチャーにジョイン

蔵書2000冊超の24歳|一歳児のパパ

独学で宅地建物取引士試験合格
1週間でウェブ解析士試験合格

父親として長期育休を職場で初めて取得

古民家をDIYで直してます。

Twitterフォロー歓迎↓
YouTubeではDIYを発信しています

たろうをフォローする
古民家リノベーション
スポンサーリンク
たろうをフォローする
田舎で晴耕雨読

コメント

タイトルとURLをコピーしました