【超初心者向け】パラメーターとは?ウェブ解析士試験に役立つパラメーターに関する知識

Web

こんにちは、たろうです。

ウェブ解析士の試験に独学1週間で合格し、その後ITベンチャーでWebコンサルタントとして活躍しています。

そんな私でも最後までよく分からなかった「パラメーター」という概念。(Webコンサルタントなので、今はバリバリ分かりますが)

たろう
たろう

正直、パラメーター以外は全問正解の勢いでした。

ウェブ解析士試験受験者の中には、Web業界以外の方やWeb初心者の方など、パラメーターに馴染みのない人も多いのではないでしょうか。

今回は【超初心者向け】にパラメーターについて解説します。

(本来の「パラメーター」は奥が深すぎるので、この記事ではウェブ解析士試験に必要な知識に絞って解説します。)

スポンサーリンク

そもそもパラメーターとは

そもそもパラメーターとは何なのでしょうか。

パラメーター(parameter)とは、そのまま直訳すると「変数」です。

なんのこっちゃと思うと思いますが、ウェブ解析士受験生は「URLの後ろに?がついているのも」くらいの理解でOKです。

~~.com/?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=spring_sale」みたいなURLを見たことがあるでしょうか。この?以降がパラメーターです。

?以降はURLのリンク先に影響しないため、「~~.com/?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=spring_sale」というURLをクリックすると「~~.com/」のページに遷移します。

なぜパラメーターを付与する?

なぜパラメーターをするのかというと、Googleアナリティクスで分析するためです。

Googleアナリティクスを使うと、Webサイトにユーザーがどのように訪れたのかを分析することがあります。(サイトの流入元、と言ったりします)

たろう
たろう

Webサイトを効果的に運営するためには、Googleアナリティクスでの分析が不可欠です。

しかし、Googleアナリティクスでサイトの流入元を分析できないケースががあります。

それは、Web以外の場所からユーザーがサイトに訪問したときです。

例えば、メールに貼り付けられたURLからユーザーがWebサイトに訪問してきた時などは、Googleアナリティクスでは流入元を計測できません。メールはWebでは無いからです。

たろう
たろう

Googleアナリティクスで計測できないと困りますよね。

そんな時、パラメーターが役に立ちます。

~~.com/?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=spring_sale」というパラメーターを付与したURLをメールに記載しておけば、通常だとわからないメールからの流入を計測できるようになります。

たろう
たろう

なんでやねん!と思うかもしれませんが、ここでは一旦そういうものと理解しましょう。

パラメーターを因数分解

それではパラメーター「.com/?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=spring_sale」を因数分解してみましょう。

パラメーターのutm_sourceは参照元を表す

パラメーターのutm_sourceは参照元を表します。参照元ととは、Webサイトへの流入元です。

参照元は無限にあると言っても過言ではありません。

例えば、Googleで検索してWebサイトに流入してきた場合の参照元はGoogle、Yahoo!で検索してきた場合の参照元はYahoo!です。

メールに記載したURL「~~.com/?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=spring_sale」の場合、「utm_source=newsletter(ニュースレター、メルマガ)」としておけば、サイト訪問者がニュースレターから流入してきたことがわかるのです。

たろう
たろう

utm_sourceはサイトへの具体的な流入元を表す、と理解しましょう。

パラメーターのutm_mediumはメディアを表す

パラメーターのutm_mediumはメディアを表します。(そのまんまですね。)

メディアとは、Webサイト流入元そのものである「参照元(source)」の一般的な分類のことです。

例えば、参照元がGoogle、Yahoo!、Bing、Baiduの場合、メディアは「Organic(検索)」となります。

  • 他のWebサイトからユーザーが流入してきた場合のメディアは「Referral流入」
  • SNSから流入してきた場合のメディアは「Social流入」

このように、メディアは流入元を一般化した概念です。

メールに記載したURL「~~.com/?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=spring_sale」の場合、「utm_medium=email(Eメール)」としておけば、サイト訪問者がメールから流入してきたことがわかるのです。

たろう
たろう

utm_mediumはサイト流入元を抽象化したもの、と理解しましょう。

パラメーターのutm_campaignはキャンペーンを表す

パラメーターのutm_campaignはキャンペーンを表します。(そのまんまですね)

正直、キャンペーンは分析者が分かりやすければ何でもいいです。

メールに記載したURL「~~.com/?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=spring_sale」の場合、「utm_campaign=spring_sale」としておけば、サイト訪問者が「春のセール」で配信したメールから流入してきたことがわかるのです。

または「utm_campaign=20210101」としておけば、サイト訪問者が「2021年1月1日」に配信したメールから流入してきたことがわかるのです。

たろう
たろう

utm_campaignは、そのパラメーターを発行したときの状況、くらいの理解でいいでしょう。

パラメーターとは分からないものを分かりやすくするもの

パラメーターとは、本来分からないものを分かりやすくするものです。

~~.com/?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=spring_sale」といったパラメーターを付与することで、

たろう
たろう

春のセールで配信したメルマガからのサイト流入!

と、分析がしやすくなる!、と理解していればOKです。

パラメーターはウェブ解析士試験だけでなく、実務にも非常に役立ちますので、この機会に理解を深めていただけると幸いです。

たろう

Webコンサルタントの雑記Blogger
ブログ好きが高まり過ぎてITベンチャーにジョイン

蔵書2000冊超の24歳|一歳児のパパ

独学で宅地建物取引士試験合格
1週間でウェブ解析士試験合格

父親として長期育休を職場で初めて取得

古民家をDIYで直してます。

Twitterフォロー歓迎↓
YouTubeではDIYを発信しています

たろうをフォローする
Web Webの知識 ウェブ解析士
スポンサーリンク
たろうをフォローする
セコウド

コメント

タイトルとURLをコピーしました