古民家の屋根はなぜ赤色のトタン屋根が多い?

古民家リノベーション

こんにちは

古民家を再生しています。たろうです。

たろう
たろう

古民家を再生する風景をYouTubeに投稿したりしてます。

古民家を再生していて、ふと気になりました。

たろう
たろう

古民家の屋根って赤色が多いな…

古民家の赤いトタン屋根
古民家の赤い屋根

なぜ、古民家の屋根は「赤色のトタン屋根」が多いのか解説します。

古民家の全貌はこちらの記事|田舎で晴耕雨読

スポンサーリンク

古民家にトタン屋根が多い理由|安くて軽い

古民家の屋根にはトタン屋根が多く使われています。

古民家にトタン屋根が多い理由は

・安い
・軽い

という、とてもシンプルな理由です。

古民家にトタン屋根が多い理由|安い

まず、トタン屋根はとても安いです。

トタンが安いですからね。

さらにトタン屋根は作業も簡単なので、工賃も安くなります。

古民家にトタン屋根が多い理由|軽い

トタンは非常に軽量なため、耐震性に優れています。

建物の上部を軽くすることで、建物にかかる負担を軽減しています。

古民家に赤い屋根が多い理由

古民家の赤いトタン屋根
古民家の赤い屋根

古民家のトタン屋根が赤い理由はいくつかあります。

それぞれの古民家によって、屋根が赤い理由は異なります。

塗装の色|古民家の屋根が赤い理由①

まず、古民家の屋根が赤く塗装されている可能性があります。

トタン屋根にサビ止めを兼ねて塗る塗料は赤色が多かったため、古民家の屋根も赤いのです。

赤サビ|古民家の屋根が赤い理由②

鋼板をサビから守るために、トタンは「亜鉛メッキ」でコーティングされています。

しかし、メッキが剥がれたところから錆びていきます。

このサビが「赤サビ」の場合、古民家の屋根が赤く見えます。

赤サビと白サビ
赤サビと白サビ

屋根のしたの雨水や日光が当たりづらい所はメッキが残っているため「白サビ」が発生しています。

メッキがはげてトタンの鋼部分が露出した所に「赤サビ」が発生しています。

これが、古民家の屋根が赤く見える理由です。

古民家の屋根を直す動画はこちら

古民家DIY ♯2 雨漏りの状態確認|古民家リノベーション

たろう

Webコンサルタントの雑記Blogger
ブログ好きが高まり過ぎてITベンチャーにジョイン

蔵書2000冊超の24歳|一歳児のパパ

独学で宅地建物取引士試験合格
1週間でウェブ解析士試験合格

父親として長期育休を職場で初めて取得

古民家をDIYで直してます。

Twitterフォロー歓迎↓
YouTubeではDIYを発信しています

たろうをフォローする
古民家リノベーション 雑学
スポンサーリンク
たろうをフォローする
セコウド

コメント

タイトルとURLをコピーしました